自制心を養う方法: 誘惑と闘い、長期目標を達成するには - Martin Meadows
9 out of 10 based on 500 ratings. 1000 user reviews.

自制心を養う方法: 誘惑と闘い、長期目標を達成するには

By Martin Meadows

  • Release Date: 2017-03-03
  • Genre: Développement personnel

Description

自制心を養って誘惑と闘い、長期目標を達成するには

人生を前向きに変えて長期目標を達成したいのなら、自制心を高める方法を学ぶのが一番です。

自制心と意志力に関する興味深い事柄が科学研究により数多く発見されていますが、その大半が長々とした退屈な科学論文の奥底に埋もれています。

それを実際に読まずにこうした研究結果を日々の生活の中で生かしたいのなら、本書がお勧めです。あなたに代わり、自制心を高める上で役立つ最も貴重かつ有益な科学的発見をお調べしました。

以下は本書で学べる内容のほんの一部です:

- なんと、顔にレモン汁を塗った銀行強盗から自制心について学べます。かなり笑える話ですが、その裏に隠された真実により、自分の衝動を抑える力について考えさせられるでしょう。

-どうしても諦めたくなった時に、5,000円のチョコレートバーがどのように継続の励みになるのでしょう。

- オバマ前大統領がグレーかブルーのスーツのみを着ているのはなぜでしょう。それが自制心とどう関係しているのでしょう(また、貧しい人が貧しいままでいる理由かもしれません)。

- 一般的な視覚化方法が、実際に目標達成を妨げ、自制心を破壊する(またはすべき課題を台無しにする)場合があるのはなぜでしょう 。

- ドーパミンとは何でしょう。その悪い習慣を撃退して良い習慣を生み出す役割を理解することが非常に大切なのはなぜでしょう。

- 自制心を鍛えるための5つの実践法をご紹介します。自制心を高めるための要となる方法をいくつか知り、目先の満足をより上手に拒めるようになりましょう。

- 現状維持バイアスが目標を脅かすのはなぜでしょう。それが決意に及ぼす影響を軽減するにはどうすればよいでしょう。

- 過激なダイエットが長期的な効果を得るのに役立つのはなぜでしょう。この発見を日常生活にどのように生かせるでしょう。

- いつどうして、さぼることが自制心を養うのに実際に役立つのでしょう。そう、(時々)好きなものを好きなだけ食べても減量できるのです。

詳細な「理由」(わかりにくく退屈な研究記述)ではなく、「方法」についてご紹介します。これを実践することに決めた時、人生が変わります。

あなたも自制の達人になり、誘惑と闘う術を身につけられます。あなたの長期目標にはそれだけの価値があります。ぜひ、今すぐ本書をご購入ください。